お客様の声

ご成婚された会員様からいただいた感想を掲載しています。
参考になさってください。

東京都、30代男性

仕事にかまけて気づけば周りは皆結婚し、「このままではいけない!」と思い切って入会しました。
最初は「お見合い」「婚活」というとなんだか恥ずかしいし、躊躇する部分もありましたが、色々な方と出会い、話をすることで「自分なんか・・・」と諦める前に勇気を出して行動することの大切さを改めて認識しましたし、約1年間の活動でしたが人間的にも成長できたと思います。
その中で一生大切にしたいと思う女性と出会い、成婚することができました。
また、活動を通して挫けそうになることもありましたが、親身になって相談に乗ってくれる相談室の方が傍にいるということはとてもありがたかったです。

東京都、50代男性

結婚できるのか?というあせり、自分の人生を豊かにしたい、という思い。そんな中、思い切って入会しました。
10か月後、『その人』に巡り会い結婚しました。
『結婚』とは何?と真剣に悩み、進まぬ見合いに落ち込み、活動がいやになった時期もありました。でももう少しだけやってみようと思った時、ふとその人は現れました。急に凪のような心境になった時です。
もし同じように思う方がいらっしゃれば、ぜひ真剣に結婚を望み、随所でいただく相談所のアドバイスを受け止め、前に進むことをお勧めします。

東京都、30代女性

婚活を始めた理由は2つありました。1つ目は自分で広げられる縁の限界でした。
趣味のほうでは自宅にこもって作業していることが多く、イベントに参加して発表する所まで至ってないので、出会いがなかなかありません。職場のほうでは仕事仲間と捉えられていて、友人以上の関係になれず、時間だけが過ぎるという状態でした。
2つ目は、結婚と孫を得ることを強く望む親や親戚の行動が苦痛で、耐えかねたことでした。年末年始や誕生日祝いなどで実家に行くたびに必ず結婚の話題を出されて、結婚しないと幸せになれないとか、社会的な貢献をしてないとか、子供をもうけないなんて命のつながりを軽んじているとか、さまざまな強迫を受けて、駄目な人あつかいされていました。
合コンや街コンから始めたかったけれども、どちらも誘いについての縁が薄くてきっかけを掴めないでいました。
合コンについては、同性の友人の間で話題に挙がることが皆無で、職場の男性たちの間では頻繁に主催したり誘い合ったりしているようでしたが、そこに異性の自分が乗っかるのは色々な点でやり辛いだろうなと思って参加をためらっていました。
街コンについても、近所に友人がほとんどいないため、同性の偶数人で申し込むこと、という参加条件を満たせないでいました。
うちの両親が当時親戚がやっていた結婚相談所で見合いをしたと聞いて、結婚相談所を使うことにしました。
親戚はすでに廃業していたので、ネットで探してホームページを見た印象ではオフィス飯田セレンディピティが一番親身になってくれそうだったので、飯田さんに決めました。
お見合い相手を選んでいるときは、旅行やスポーツに興味がある人(私にとっては新たな発見をもたらしてくれる人)と、創作活動が趣味の人(私にとっては共に切磋琢磨する仲間)と2種類の基準で探しました。
結果的に創作系の人と結ばれたことは、神様が私の創作活動を後押ししたんだと感じています。
飯田さんとの出会いの運、相手との出会いの運も含めて、運がツイてるなと思うことが多々あり、神様に見守られていたなと感じています。お見合いをして付き合いが始まる前は、彼氏と夫の違いが判りませんでした。
法的な違いがあるだけで、付き合い方は彼氏と同棲するのと変わらないだろうと思っていました。
しかし今は、冠婚葬祭や誕生日祝いなどを通して、相手の家族とも人生を共有するところが違うんだと解りました。
先日、旦那の実家を初めて訪ねました。円満な楽しい時間を過ごすことができましたし、今まで出会ったどの家庭よりもうちに似ているなと思いました。お父さんが見た目もキャラクターも旦那とそっくりだったので、私たちが年をとったら、このお父さんお母さんみたいになるんだなと自分たちの将来像が見えました(笑)
成婚に至って、結婚のイメージが変わるとともに、人生の不安が減りました。
最後になりましたが、助言と温かいお言葉を頂き、ありがとうございました。

神奈川県、30代男性

御室の事は仕事を通じて知りました。気がつけば自身も30歳となり、周りも既婚者が増え始めて、そろそろ結婚を意識する様になった頃でした。
最初は仕事上での付き合いもあり、興味本位で話を聞いてみようと、軽い気持ちでした。料金やお見合いの仕組み等を聞いていると、安心できる制度が整っているなと思い、入会する事にしました。
始めた頃はお見合いの申し込みを1度するだけでも、ドキドキとカウンセラーと二人三脚(ご夫妻でカンセラーをやられているので三人四脚かな!?)でのスタートでした。
お見合いも慣れてきて、何名かと交際となると、時には優しく見守ってくれたり、時には積極的なアドバイスを頂いたりと、
とても心強かったです。
所謂、婚活をしていると誰かに相談をしてみたくなると思いますが、親でもなく友人でもなく、見ず知らずの他人でもない、
言うなれば親友の親や幼いころから知っている親の友達の様な存在で、適度な距離感を保ちつつも、
親身になって相談に乗ってもらえるステキな相談所でした。
最後に一概には言えませんが、何事も始めるなら早めがいいのかなと思います。早くいいお相手が見つかれば、その分少しでも長く一緒にいる事が出来ますからね!

東京都、40代女性

振り返ると、ご夫妻の温かいお人柄によるアットホームな雰囲気の中、
自分のことを話すのが苦手な私でも固くなっていた気持ちを徐々にほぐしていくことができたように感じます。
いつ生涯のパートナーに出会えるのかな、と不安に思うこともありましたが、面談を重ねながらいろいろなお話をさせていただき、一歩一歩活動を進めていけたのだと思います。お二人にお会いすると、いつもホッとすることができましたし、活動における実践的かつ心理的なアドバイスと励ましを毎回いただき、決してあきらめることなく、時を待つというか、度々落ち込みそうになる気持ちを絶えず鼓舞していただきました。
成婚後も相談に乗って下さるという温かいお言葉をいただき、とても心強く、また有難く思っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

東京都、20代女性

カウンセラーが親身になって聞いて下さるので、こちらも信頼してどんな小さな事でも相談できました。
また、外部に情報が全く出ないので、その点でも安心感がありました。
婚活における一般的なやり方も踏襲しつつ、個人にあったやり方で良いと言って下さったので自分らしくやることができました

東京都、30代男性

私の場合は家族の姉妹や従妹が続々と結婚していく中で相談所の存在を知りました。
皆、相談所に入会して数ヶ月の内に成婚していくので、私もすぐにお相手が見つかるだろうと軽い気持ちで入会しました。
入会中はお相手から申し込まれることも多く、様々な女性の方とお見合いする機会に恵まれました。
何度か、この人と結婚できたらいいなと思える素敵な方もいらっしゃったのですが、波長が合わず、気づけばあっという間に1年が過ぎていました。
やはり軽い気持ちではお相手もそれに気づいて熱意を失うもの。
私はこのままではまずいと思い、実家暮らしから一人暮らしに移り、家事全般を自らこなすことにしました。
初めの軽い気持ちが、婚活していくうちに真剣な気持ちになっていったことは私自身驚きでした。人間変われるんだなと。
それからは徐々にではありますが、お相手の苦労話や失敗談で共感できる所が増え、私からも自信を持って話ができるようになりました。
最後に、入会中、私を支えてくださった相談所の方々に深く感謝するとともに、成婚相手へのより一層の愛情を注ぎ、末永く歩むことに努めます。

東京都、40代男性

数年前、大手の結婚相談所に入会して婚活をしましたが成果が出ず退会しました。
今回こちらの相談所へ入会すると決めるまでの間、正直かなり悩みました。理由としては、以前の相談所のように成果が出ずまた退会してしまうのではないか、自分自身女性の人とおつき合いする自信がなかったこと、相談員の方がきちんと対応してくれるのだろうかと不安に思っていたためです。
しかし今回入会後、相談員のご夫妻が親身に話を聞いて頂いたり、自分が改善すべき所を丁寧に教えて下さりました。
そのおかげでお見合いやデートを自信を持って行えました。
婚活中何度もあきらめようとしましたが、相談員のご夫妻より「婚活のことで悩んでいたら、いつでも電話をください」と言って頂いたことが自分自身の励みになりました。
婚活を通じて人として大きく成長もできました。相談員のご夫妻には本当に感謝しております。
これからは出会った彼女と二人で楽しく生活していきたいです。

東京都、30代男性

温かい雰囲気で、答えが見つからない相談事にも乗っていただきました。
お陰さまで、とても素晴らしい方と成婚することができ、大変感謝しています。はじめは恋活の延長上のような甘い認識で入会しましたが、活動のなかで徐々に将来をイメージしながら結婚を決心でき、人としての成長も感じています。
予想以上に展開が早い場面もあり混乱も多々ありましたが、話しやすく、柔らかく支えていただけたからこそ、模索しながらもしっかり考えて答えを出せました。親身に話を聞いていただける気安い先輩ご夫婦、という印象です!

東京都、30代男性

結婚願望があったものの、女性の少ない職場のため、入会させていただきました。
約1年活動しましたが、仮交際を同時並行することが苦手で、何度も仮交際のお相手を一人に絞っては、仮交際終了となり、心が折れそうになりました。
そのような最中、比較的長めに仮交際が続いたところで、お相手からとある好き嫌いを直すよう提案されたときがありました。そのときは、仮交際が長く続いたのだから、「これぐらい我慢しなければならない」と無理をしていました。それにも関わらず仮交際が終了した際は、もう本当にだめかもしれないと落ち込みました。
それでも、相談所の方から、決まるときはとんとん拍子に決まるというお話をいただいておりましたので、愚直に活動を続けていました。
それから数カ月経って、少し特殊なご職業の女性から申込みを受けました。
正直、最初は「話のタネ」程度でお見合いをお受けしたのですが、最初に会った時から、「この人と一緒だと疲れないな」という印象を受けました。その後は、約1カ月半でプロポーズをすることになりました。
活動を振り返ると、愚直に活動していれば、運命の巡り合わせで、自ずと落ち着くべきところに落ち着くものだと感じております。
ただ、それを考慮しても、最高の女性と巡り合うことが出来、大変感謝しております。
本当にありがとうございました。